まじこのブログ2017 〜majiko blog 2017〜


お勧め人気「激安グルメ情報」や「観光スポット情報」「パワースポット情報」「沖縄旅行記」「富士山登山初心者情報」「高尾山情報」「デカ盛りグルメ情報」「商品モニター」「ロードバイク」「ハイキング登山」などをご紹介している「まじこのブログ 〜majiko blog〜」です。

沼津港に海鮮丼を食べに行って来ました~!

GWに1泊2日の『家族旅行』に行って来ました!今回の旅行は、海方面です。12時すぎ頃『沼津港』に到着~!GWのお昼時と言うことで沼津港付近の道は『駐車場』探しの車で大渋滞です。


やっと『駐車場』に車をとめられてこれからランチタイムです。


みなと新鮮館』の館内は、観光客だらけです。


超〜有名な『丸天』さんの魚河岸店にも、もちろん観光客がいっぱいです。


丸天』さんのみなと店も観光客がいっぱいです。


丸天』さんの『海鮮かき揚げ丼』は、よくテレビで放送されていますので有名ですよね。


どこのお店も観光客が並んでいたので、たまたま通りがかった市場の中の海鮮屋さんが、待ち時間0分でしたのですかさず『海鮮丼』を注文〜!


『駿河湾』は、昨日の雨でかなり濁っていました。


富士山をバックにもう一枚~


ホテルに向かう途中に『道の駅・伊豆のへそ』に寄りました。この『道の駅・伊豆のへそ』に『みんなのHAWAIIAN』が有りましたのでちょっと寄り道です。


館内に『足湯』がありましたのでちょっと休憩です。


かなり熱めの温泉で足がチクチクする程激熱でした。


5分くらい足を入れてたらもちろん真っ赤に・・・!



『大仁ホテル』到着です。


館内のロビーには、『読売巨人軍 長嶋茂雄ロード誕生』の案内板が有りました。長嶋茂雄さんの現役時代の昭和42年から48年までの間、伊豆の国市(旧大仁町)を拠点として自主トレーニングを行っていたそうです。



『長嶋茂雄』のサインや『工藤 公康』『東尾 修』『元木 大介』などのサイン色紙が飾られています。


温泉に入ってから、夕食の『バイキング』です。


夕食後に『富士見の足湯』でちょっと食休み



『富士山』を見ながら足湯タイム〜


そして『カラオケ』タイム〜


翌日の朝、『長嶋茂雄ロード』を最初から最後まで歩いてみました。


踏切を渡ります。


右に曲がります。


『読売巨人軍 長嶋茂雄ロード』の道標がありますが、今のところ何が『長嶋茂雄ロード』か全く分かりません。


さらに続く『長嶋茂雄ロード』・・・?



『読売巨人軍 長嶋茂雄ロード』の案内板があり『長嶋茂雄ロード』の命名した説明書きが書いていました。



登坂になります。


まだまだ続く登坂



登坂の途中にまた、『読売巨人軍 長嶋茂雄ロード』の説明書きがあります。


この説明書きには、『長嶋氏が自主トレーニングでダッシュを繰り返していたとされる坂』と記載さられていました。


『長嶋氏が自主トレーニングでダッシュを繰り返していたとされる坂』は、この登坂です。


登りきってみましたが、結構息が上がりました。


まもなく『大仁ホテル』です。


『大仁ホテル』到着です。『長嶋茂雄ロード』を往復しましたが、かなり汗をかきました。


ホテルを出てからは、『御殿場プレミアムアウトレット』に行きました。GWと言う事で敷地内の駐車場は満車でしたので、離れた駐車場に車を止めて無料シャトルバスで移動です。


『御殿場プレミアムアウトレット』到着です。


『御殿場プレミアムアウトレット』敷地内は、まだそれほど混んでいませんでしたが


お昼時になると人だらけ〜!『御殿場プレミアムアウトレット』で昼食を食べるのを諦め『山中湖』に移動です。


『山中湖』でヨーロピアンカフェ『Gout TEMPS』の看板発見〜


すでに14時30分でかなりお腹がすいていたので迷わずこの店に入りました。


外観はこんな感じのお店です。



外には、こんな車の展示が


店内は、かなりアンティークな展示が多かったです。



『3人前のセットコース』を注文〜!まずは『前菜』


次に『ピザ』と


『パスタ』が一緒に来ました。


最後は、デザートの『パフェ』と書いていましたが、かなり小さい『パフェ』でした。


『昼食』を食べてかなりお腹一杯でしたが、車で2〜3分離れた『 JOY RATIO(ジョイパティオ)』で『3時のおやつタイム〜』


店内は、結構お客さんがいました。


メニューは、こんな感じです。


かなりお腹がいっぱいでしたので、一番小さい『ジェラート』を注文〜


「沼津港」「海鮮丼」「長嶋茂雄ロード」

    今日のまじこのブログ終わり

「長嶋茂雄ロード」 「沼津港」「海鮮丼」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。