まじこのブログ2017 〜majiko blog 2017〜


お勧め人気「激安グルメ情報」や「観光スポット情報」「パワースポット情報」「沖縄旅行記」「富士山登山初心者情報」「高尾山情報」「デカ盛りグルメ情報」「商品モニター」「ロードバイク」「ハイキング登山」などをご紹介している「まじこのブログ 〜majiko blog〜」です。

テスト!




今日は、群馬県にある『下久保ダム』と『神水ダム』に行ってきました。下久保ダムは、主ダムと副ダムがほぼ直角にL字型になっている珍しいダムみたいですのでちょっと楽しみです。主ダムと副ダムをあわせると、堤頂長が約605mあり、重力式コンクリートダムとしては日本一長いと言われています。





『寄居駅到着!』
 八高線『寄居駅』まで輪行で到着!『寄居駅』から神流湖 下久保ダムまでは約30kmあります。



『寄居駅』からすぐに国道140号を荒川沿いに走行します。


国道140号は、『秩父鉄道』も平行して走行しています。








『中野上交差点』
 国道140号を道なりに走行していると『中野上交差点』がありますので、右折して『県道13号』を走行します。








『太駄中交差点』
 『県道13号』は左方面ですので左折します。









『神流川』
 上武橋を渡ると埼玉県から群馬県に入ります。この『神流川』の上流に『下久保ダム』と『神水ダム』があります。








上武橋を渡りましたらすぐに左折して『神流川』の上流を目指します。











しばらくすると『国道462号』に出て『神水ダム管理事務所』案内板が出てきます。








『神水ダム到着!』





『神水ダム スペック』
・ダム湖名:神水湖
・ダム型式:重力式コンクリートダム
 ・堤高: 20.5m
・堤頂長:128.0 m







『堤体の上』
 堤体の上は、歩道になっています。








『ダムカード配布場所』
『神水ダム』のダムカードは、この神水ダム管理所で配布しています。





『神水ダム管理所』
・配布住所:群馬県藤岡市鬼石町鬼石549-1
・配布時間:9:00~16:00(土・日・祝日及び年末年始は配布していません)








『ダムカード●枚目ゲットだぜ~! \(^o^)/』
これが、『神水ダムカード』です。それでは、神流湖 下久保ダムを目指したいと思います。





























『三波石峡入口』
 『国道462号』を進んで行くと『三波石峡』入口がありますので『三波石峡』にちょっと寄り道したいと思います。








L字形に曲がってる下久保ダムが見えてきました!








『三波石峡到着!』
 下久保ダム直下の渓谷には、約1.5キロメートルにわたり、巨岩・奇岩が並び、国の名勝及び天然記念物に指定されているそうです。三波石は青味の中に水で洗われた石英が白く浮き出た美しさが特徴で、古くから庭石として珍重され、全国的にも有名だそうです。








『最大勾配23%』
 当然激坂出現!なんと『最大勾配23%』です。








『国道462号』
 登坂を上りきると『国道462号』にでますので左折します。








トンネルを出ましたら左折します。








『神流湖到着!』
ちょっとした豆知識ですが、神流湖は埼玉県と群馬県の県境にあります。神流湖の左岸は群馬県で、右岸は埼玉県です。それでは、下久保ダムの堤頂部に行きたいと思います。








『下久保ダム到着!』
ついに来ました!あの直角部分に・・・!直角部分には下久保ダムの石碑があります。まずは、記念撮影~!下久保ダムは「主ダム」と「補助ダム」と呼ぶ2つのダムがくっついているL字形をしているダムです。放流するための穴が空いているダムが「主ダム」で、もう一つの低いダムが「補助ダム」だそうです。ちょうどこの場所が『L字型』の位置です。








下久保ダムから下をのぞき込むとこんな感じの風景です。








『下久保ダム スペック』
・ダム湖名:神流湖
・ダム型式:重力式コンクリートダム
 ・堤高:129.0 m
・堤頂長:605.0 m
・総貯水容量:130,000,000 m³
・利用目的:洪水調節・不特定利水かんがい・上水道・工業用水・発電
・ダムカード配布場所:下久保ダム管理所
・ダムカード配布住所:埼玉県児玉郡神川町大字矢納1356-3











『神流川と三波石峡の資料館の案内板』
 下久保ダム管理所は、『神流川と三波石峡の資料館 』と同じ所にありますので左折します。





『ダムカード配布場所』
 『下久保ダム』のダムカードは、この『下久保ダム管理所』で配布しています。








『ダムカード●枚目ゲットだぜ~! \(^o^)/』
これが、『下久保ダムカード』です。





『下久保ダム管理所』
 埼玉県児玉郡神川町大字矢納1356-3
 8:30~17:00(土・日・祝日を含む)





下久保ダムから八王子までは約90kmありますので、とりあえず帰りは『県道331号』を下って長瀞方面に向かいます。























『阿左美冷蔵 金崎本店』
 秩父の長瀞と言えば、行列ができる程の超~有名店な『阿左美冷蔵』ですよね。今回10年ぶりに『阿左美冷蔵』のかき氷を食べに来てみました。





阿左美冷蔵は、130年以上も続いている天然氷の製氷業者さんです。1992年にかき氷店をオープンさせたのが、この金崎本店だそうです。元々人気のあるお店でしたが、テレビや雑誌などメディア関係で紹介されてからは、さらに有名になり、特に『マツコの知らない世界』で紹介されてからの夏場の繁忙期では、待ち時間が3時間以上の大行列がでたそうです!








『金崎本店の入り口』
 国道140号に面しているにもかかわらず、がらっと静かな雰囲気になります。








中に入ると和風庭園といった感じの屋外席があります。








屋外席の庭を抜けると金崎本店の店舗入り口があります。店内に入り注文~!








一度『阿左美冷蔵 』の天然かき氷を食べると、他店のかき氷を食べたいと思わなくなると言われるほど美味しいとの評判のメニューはこちらです。











食後はおまけで付いてくるしょっぱい梅干を食べて、口の中をスッキリさせましょう〜。





阿左美冷蔵の人気の秘訣は、天然氷だけではなく、他店では食べられないオリジナルメニューが豊富ですので毎年夏場は行列ができる人気店なんですね。また、阿左美冷蔵のメニューは毎年少しずつ変わり、さらに日替わりのメニューもあります。








このお店の看板ミューは、『蔵元秘伝みつのかき氷』ですが、今回注文したのは、ちょっとふんぱつして『あさみの和スペシャル 1,300円』です。抹茶、きな粉、あずき、黒みつのシロップと『梅干し』がついてきます。見た目のインパクトはかなりデカ盛りですね!かなり山盛りのかき氷ですが、意外とペロッと食べきれてしまうんですよね。








メインの抹茶シロップのをかけると一気に美味しそうな色に大変身です。更に、贅沢に『きな粉、あずき、黒みつ』を足しながら食べていきます。








普通のかき氷は、ざくっとした感触ですが、ここのかき氷は、軽くてフワフワとした感触の氷が口の中で溶けていき、とても美味しいです。また何故かここのかき氷は、どれだけ早食いをしても決して頭がキーンとならないですよ~!なので、この山盛りのかき氷をペロッと食べきれてしまう理由はそこにありそうです。











『阿左美冷蔵 金崎本店』
 〒369-1621 埼玉県秩父郡皆野町大字金崎27-1
電話番号  0494-62-1119 
営業時間  10:00~16:30頃(木曜定休) 
アクセス  秩父鉄道上長瀞駅徒歩3分





帰りは、国道140号で秩父駅方面に向かい国道299号で帰りました!














『上野町交差点』
 行きと同じ道で国道299号を進んでいると国道140号がありますので、一旦左折してランチを食べたいと思います。





『本日のランチ』
 本日のランチは、国道140号沿いにある豚みそ丼本舗『野さか』で食べました!この『野さか』さんは、秩父名物 豚みそ丼で有名みたいです。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。