まじこのブログ2020 〜majiko blog 2020〜

関東周辺の「日帰り登山情報」「ハイキング・トレッキング情報」「富士山登山初心者情報」「ロードバイク(自転車)」「観光グルメスポット」などアウトドアを中心に紹介しているブログ です。そしてめざせ1000万アクセス!

百蔵山・扇山|桂川ウェルネスパークから秀麗富獄十二景周回コースに挑戦!【紅葉編】

扇山

秀麗富獄十二景シリーズ!
秀麗富嶽十二景のNo6の扇山(おうぎやま)とNo7の百蔵山(ももくらやま)に日帰り登山に行ってきました。百蔵山と扇山とは、大月市が選定した秀麗富嶽十二景の山ですので山頂からの富士山の眺望が素晴らしい人気の山です。また今回は、秀麗富嶽十二景のNo6の扇山とNo7の百蔵山の2山を一気に回れる周回コースですのでめちゃめちゃ楽しみです。


No6 扇山おうぎやま)
エリア:山梨県 標高:1138m 時期:冬 12月


No7 百蔵山(ももくらやま)
エリア:山梨県 標高:1003m 時期:冬 12月
登山レベル:中級者向け
難易度:★★★☆☆ お勧め度:★★★★
登山ルート:桂川ウェルネスパーク駐車場~百蔵山~扇山~桂川ウェルネスパーク駐車場
コースタイム(所要時間):4時間50分


『桂川ウェルネスパーク駐車場』
8時40分 桂川ウェルネスパーク駐車場到着です。百蔵山と扇山は猿橋駅から登って鳴沢駅に下山できる人気の山ですが、今回はこの桂川ウェルネスパークの駐車場をスタートして百蔵山と扇山に登りそしてこの桂川ウェルネスパーク駐車場まで戻る周回コースにチャレンジしたいと思います。ちなみにこの駐車場は無料の駐車場です。


8時50分 それでは、まずは百蔵山登山口を目指して出発です。12月初旬ですが紅葉がまだとても綺麗です。


まずは中央自動車道方面に進んで行きますが、桂川ウェルネスパークから百蔵山登山口までは道がちょっと分かりにくいのでスマホで地図を見ながら進んで行く事をお勧めします。


緩やかな登坂の道をどんどん進んで行きます。


百蔵山登山口を目指している途中に右側に本日2個目に登る扇山が見えてきます。この扇山の全景を見る限り百蔵山に登った後、一度下山してもう一回扇山に登るって感じですね。


初めて道票が出てきました。百蔵山方面右に曲がります。


この辺りは百蔵山登山口まで道票がありますので安心して進んで行けます。


分岐地点です。どちらに行っても百蔵山みたいです。左方面は「この先キレイなトイレ有ります」とアピールしていますが、右方面の方が歩きやすそうな道でしたので今回は右方面に行きました!


右方面は車が通れるこんな感じの道が続きます。


『百蔵山登山口公衆トイレ』
ここが最後のトイレになります。


どんどん進んで行きます。


まだまだ紅葉がめちゃめちゃ綺麗ですね。


百蔵浄水場通過~!気温はめちゃめちゃ低いですがここまで登坂が続きましたので登山口に着く前から汗がとまりません!


トンネルに入ります。


『百蔵山登山口』
9時45分 桂川ウェルネスパーク駐車場から55分で百蔵山登山口に到着です。この場所には「百蔵山西ルート」と「百蔵山東ルート」の表示がありました。


「西ルート」は、まだアスファルトの道を進んで行くみたいです。


そして「東ルート」は、ここから山の中に入って行くルートです。桂川ウェルネスパーク駐車場から既にアスファルトの道を55分も歩き続けましたので今回はこの「東ルート」から登山開始したいと思います。自宅に帰ってからこのコースの違いを調べましたら、「急登の東ルート」と「緩やか西ルート」と言われているみたいです。


最初はこんな感じの登山道を登って行きます。


紅葉を見ながらどんどん登って行きます。


まだまだ登って行きます。


そして登山道はどんどん狭くなっていきます。


青空に紅葉は最高ですね~!


そしてこの道票の先から登山道は険しくなっていきます。


この辺りの登山道は真っすぐに登って行くので結構きつい急坂が続きます。


急坂をどんどん登って行きます。


ロープを使う程きつくはありませんがロープがでてきました!


結構きついので休憩を少しずつ取りながら登って行きます。


この「東ルート」は結構きついので登山初心者の方は、「西ルート」をお勧めします。


登りきった場所に分岐地点がありますが、何故か百蔵山方面の道票はありません。


左方面には何も書いていなかったのでとりあえず左方面に進んで行きたいと思います。


分岐地点から約2分ぐらいで百蔵山山頂が見えてきました!


『百蔵山』
10時35分 桂川ウェルネスパーク駐車場から1時間55分で 標高1003m 百蔵山山頂に到着です。そして秀麗富嶽十二景の7番山頂の一座をGETです!


こちらが百蔵山山頂から見た富士山です。


更にアップでもう1枚記念撮影~!やはり秀麗富獄十二景に選ばれるだけあって素晴らしいですね。


10時40分 それでは、扇山を目指してスタートしたいと思います。


百蔵山から扇山まで2時間かかるみたいです。


写真では分かりにくいですが急勾配の坂を下りて行きます。


まだまだ下って行きます。


10分ぐらい下ると道票があり一旦下り坂は終わります。


そして平坦な尾根道が始まります。


どんどん進んで行きます。


そしてまた下り坂が始まります。やはり一旦下山してまた最初から登り直すのですかね?


途中に分岐地点がありますが、直進の扇山方面に進んで行きます。


この分岐から登坂が見えてきますが、この後アップダウンが2~3個続きます。


基本直進ですが途中に道票がありますので安心して進んで行けます。


そして下り坂が始まります。


登ります。


またすぐに下ります。


そして登ります。


また下ります。


また登ります。


そして道は一旦平坦な道になりましたが、アップダウンが続くと精神的にきついですね!いったいいつになれば扇山に登る事ができるのですかね?


そしてようやく扇山への登りが始まりました!


今回は百蔵山から扇山に向かいましたが、扇山から百蔵山へ向かう登山者の方が多い感じです。


先が見えない登坂をどんどん登ります。


まだまだ登りますが、そろそろ体力的にきつくなってきました。


『シモバシラ』
シモバシラ発見~!いきなりシモバシラを見る事ができて一気にテンションが上がってきました!


まさに『氷の花』ですね。



結構大量にシモバシラを見る事ができました!


そしてまだまだ登って行きます。


12時4分 ちょっとした広場に到着です。


小さく 大久保山 標高1109mと書かれていまいた!


そして、大久保山からは平たんな道が続きます。


扇山と鳴沢駅の分岐に到着です。帰りはここから鳥沢駅方面に下山します。


そして登って行きます。


前方から沢山の登山者が降りてきました!


そしてついに扇山山頂が見えてきました!山頂には既に沢山の登山客がいます。


『扇山』
12時15分 桂川ウェルネスパーク駐車場から3時間25分で 標高1138m 扇山山頂に到着です。そして秀麗富嶽十二景の6番山頂の一座もGETです!


山頂でワインを飲んでお昼寝タイム中です!今日は晴れているので気持ちよさそうです。


それでは、私もこの素晴らしい富士山の絶景を見ながらランチタイムにしたいと思います。


やはり秀麗富獄十二景に選ばれるだけあって素晴らしい景色です。


12時30分それでは下山開始したいと思います。


鳥沢駅分岐まで戻っきました!


それでは、鳥沢駅方面に向けて下山開始です。


この下山コースは特に見所は無くたんたんと下って行きます。


水場通過~


登山口が見えてきました!


13時5分 梨ノ木平扇山登山口に到着です。


梨ノ木平扇山登山口にはバス停がありましたのでここまでバスで来ることができるみたいです。


そして大月カントリークラブの周りを歩いて帰ります。


この辺りは紅葉がまだ綺麗でした!


どんどん進んでいきます。


しばらく進んで行くと道にでます。


後は右に曲がれば桂川ウェルネスパークに帰る事ができます。


『桂川ウェルネスパーク駐車場』
13時40分 桂川ウェルネスパーク駐車場到着です。今回のコースタイム(所要時間)は4時間50分でした。


初めて行く山は、登山ブログやヤマレコ、ヤマケイオンラインなどのサイトでアクセス方法やコース地図、駐車場、トイレ、難易度、混雑、山小屋、温泉、遭難などの情報を勉強して行くと更に登山が安心安全に楽しめますので是非皆さんも予習して登山を更に楽しんで下さい。また、初心者にお勧めの【登山ガイド特集】を作りましたのでこちらも役立つ情報が満載ですので是非ご覧ください。


【登山ガイド!】関東周辺初心者おすすめ日帰り登山・トレッキング特集!人気のハイキングコース写真全公開解説!

×

非ログインユーザーとして返信する